データ通信専用の格安SIMカードの利用を検討してみる

2015年5月にSIMロック解除の義務化がされたことで、賑わっていた格安SIMカードのネタも一通り落ち着いた感があります。今の段階ではどちらかと言えばITに強い人が積極的に格安SIMカードを利用している雰囲気ですね。一般家庭へ浸透するのはもう少し先になるかもしれません。

本格的に音声通話対応のSIMカードを利用する前に、利用していないモバイルWi-Fiルーターがあればお試しで格安SIMカードを利用してみるのも良いと思います。格安SIMカードの縛り期間はいわゆるキャリアよりもずっと短いのです。

格安SIMカードの縛り期間

格安SIMカードの縛り期間は事業者(MVNO)によって様々です。また、音声通話対応のSIMカードとデータ通信専用のSIMカードでも縛り期間に差があります。音声通話対応のSIMカードの方が、比較的縛り期間が長い傾向がありますね。そうはいっても縛り期間が無いものから、半年、長くても1年程度となりますので気にならない程度でしょう。たとえば、b-mobileでは縛り期間が無いプランもありますし、人気のU-mobileでも1年程度です。

格安SIMカードの違い

格安SIMカードには音声通話対応のSIMカード、データ通信専用のSIMカード、そしてSMS対応のSIMカードの3種類があります。私たちが普段スマートフォンで利用しているのは音声通話対応のSIMカードです。格安スマホに乗り換える際は音声通話対応のSIMカードが良いのですが、ここではモバイルWi-Fiルーターで使用することを前提としていますので、データ通信専用のSIMカードの利用を想定しています。SMS対応のSIMカードは電話番号が必要になるサービスが利用できるようになります。他には、認証などでもSMSを利用したサービスがありますよね!

モバイルWi-Fiルーターで格安SIMカードを使用するときの注意点

利用していないモバイルWi-Fiルーターで格安SIMカードを利用する際は、もともとはどこのネットワークを利用していたか?が重要です。現在、格安SIMカードが利用しているネットワークはdocomoとauの2種類のみ。softbankやワイモバイルのモバイルルーターに対応した格安SIMカードはありません。もっとも普及しているのはdocomoの格安SIMカードですので、docomoのルーターをお使いの方はすんなりと格安SIMカードを利用することができるでしょう。

また、ルーター本体の性能にも影響を受けます。つまり、データ転送の速度が150Mbpsに対応していない場合は、75Mbpsまでしか速度はでません。ただ、これはベストエフォートでの数値ですのでそこまで気にする必要はないでしょう。実測値として、格安SIMカードでは15Mbpsもでれば満足できる値です。