WX02は好調なようだがW01の後継機種はいつでるのだろう

先月(2015年11月上旬)にWiMAX2+対応のモバイルルーター Speed Wi-Fi Next WX02が登場しました。この機種は世界初4×4MIMO対応のWX01の後継機種にあたります。

WX01は4×4MIMOに対応しており、また従来のWiMAXで接続した場合でもWiMAXハイパワーによって受信感度が上がるという点が売りでした。しかし、蓋をあけてみればWiMAXが使えるノーリミットモードが使えず残念に思っていた方も多かったはずです。

Speed Wi-Fi Next WX02の良いところ

WX02はWX01の欠点であった、電池の持ちを克服しています。たとえば、WX01では2種類の電力モードが用意されていました。一つは4本のアンテナ(4×4MIMO)をすべて使い下り最大220Mbpsの速度で通信できるハイパフォーマンスモードです。もう一つは2本のアンテナ(2×2MIMO)を使う省電力モードでした。半分のアンテナしか使用しないのですから、当然ですが通信速度は220Mbpsの半分の110Mbpsになります。一見すると2種類の電力モードがあれば十分に見えますが、極点過ぎて使いにくいという声もありました。

下り110MbsでよければHWD15で十分だったのでは?

そうです。2本のアンテナ(2×2MIMO)しか使わないエコモードで常時接続するのであれば、HWD15で十分なのです。HWD15はもう市場に出回っていないというデメリットを差し引いても、敢えてWX01を選ぶ理由はありませんでした。

それに、HWD15であれば3種類の通信モードを任意に選ぶことができます。(WX02もそうですが)WX01には通信モードという概念はありません。よってWiMAX2+の電波がないところでは自動的にWiMAXのネットワークが使われることになるのです。

WX02ではバランスモードが加わった

以上のことを踏まえて、WX02では新しい電力モードが加わりました。それはバランスモードと呼ばれるものです。この電力モードは通常はハイパフォーマンスモードとして4×4MIMOの通信方式をとり、電池の残量が少なくなると自動的にエコモードに切り替わるという電量モードです。

この手の電力モードはノートPCやスマートフォンなどに搭載されていますよね?ようはその概念をモバイルルーターにも取り入れたわけです。これからの通信モードのおかげで、WX02はWX01と比べて10%から15%ほど電池の持ちがよくなりました。

ユーザーインターフェイスに追加機能あり

また、ユーザーがデーター通信量を視覚的に把握できるようになりました。この機能はWX02の液晶の部分にデータ使用量が表示されることで実現されています。

W01の後継機種を待つという声もあり

このようにWX01と比べれば比較的に性能が向上したWX02ですが、通信モードを任意で選べないという点はWX01の頃と変わっていません。よって、WiMAX2+のネットワークが弱くとWiMAXのネットワークと頻繁に切り替わりが発生する場所ではストレスを感じてしまうかもしれません。

これらのことからW01の後継機種待ちという方もいるようです。W01はファームウェアの更新は必要ですが、キャリアアグリゲーションを採用しており、通信モードも任意に切り替えることができます。(ノーリミットモードへは切り替えできませんが)このW01の登場が2015年の2月、3月でしたのでW02の登場もそのあたりではないかと私は予想しています。

特に、2月3月は引っ越し需要の増加に伴いプロバイダー業界も繁忙期ですのでリリースされる可能性は高いですね。なお、使いやすいプロバイダーについては前回の記事が参考になるかと思います。

使いやすいと実感できるモバイルデータ通信のプロバイダーの条件

使いやすいと実感できるモバイルデータ通信のプロバイダーの条件

これまで光回線、モバイル回線と様々なネット回線を利用してきました。使いやすいプロバイダーもあれば使いにくいプロバイダーもあったというのか正直な感想です。特に、モバイルデータ通信は固定回線のプロバイダーによりもサービス内容に差が大きいといえます。そのため、使いやすいと実感できるモバイルデータ通信のプロバイダーの条件をまとめてみました。具体的なプロバイダー名をあげることはしませんのでご了承ください。

使いやすいと感じるための条件

それでは個別に条件を挙げていきます。言語化してしまえば、「なんだそんなことか!」と思うのですが、意外に見落としがちなこともありますよ。

オンラインで全ての手続きができる

割りと当たり前思ってしまうのですが、プロバイダーによってはオンライン上で一部の手続きが出来ないものがあります。もちろん、口座振替などを行う場合は捺印が必要になるため紙面上での手続きがどうしても必要になるのですが、できればオンラインで完結したいものですよね。ただ、この点は契約をしてみないとわかりにくい側面もありますのでお申し込みの前に十分に確認するようにしましょう。WiMAXであれば、WiMAXキャンペーンの比較サイトがわかりやすくおすすめです。

プロバイダーのメールアドレスがある

通常、プロバイダーを契約するとメールアドレスを貰うことができます。このプロバイダーのメールアドレスは信用が高く、フリーメールを認めていないサービスであっても利用できるでしょう。特に、お金関係が絡むサービスの利用を考えている方は要求されることが多くなりますのでメールアドレスがあるか確認するようにしましょう。

電話でのサポートがある

パソコンやインターネットに不慣れな場合は、電話でのサポートがあると便利です。メールでの問い合わせではどうしてもタイムラグが発生してしまうため不便を感じてしまうと思います。特に設定でもっとも躓きやすいのはサービス利用の開始当初です。もし操作に不安があれば電話でのサポートを検討してみてください。

端末の補償サービスがある

固定回線とモバイル回線の一番の違いはルーターを持ち歩くか否かということです。日々様々なところに持ち歩くので、それだけ故障の危険性が伴います。メーカー保証が1年間付くといえども水没や盗難には対応していません。アクティブな方や不安を抱えていたくない方は補償のオプションを利用することを考えてみましょう。

グローバルIPアドレスが利用できる

モバイルデータ通信の場合、プロバイダーからプライベートIPアドレスが付与されるケースも多々あります。もちろん、ネットサーフィンをしたり、メールと見たりといった利用の仕方には影響はありません。しかし、中にはグローバルIPアドレスを要求されるサービスもあります。たとえば、ポートの解放が必要なオンラインゲームなどです。もし、普段使っているサービスのなかにグローバルIPアドレスを必要とするものがあれば、補償と同様、オプションがあるか確認してみましょう。

必要なサービスの見極めをしよう

いかがでしたか?プロバイダーを検討している場合は、どうしても料金や価格、あるいはキャンペーンの特典に目が行ってしまいがちです。契約後に「しまった!」と思うことが無いようにしたいものですね!

 

4×4MIMOに対応したモバイルWi-FiルーターはWiMAXのみ

4Gと呼ばれる第4世代の移動通信システムが出てきました。これまで4Gと呼ばれていたものは本来は第3.9世代にあたるため本当の意味での4Gではありません。第4世代の移動通信システムに相当するものは今のところ、UQWiMAXのWiMAX2+とdocomoのPremium 4Gです。

特にUQWiMAXのWiMAX2+ではキャリアアグリゲーションだけでなく、4×4MIMOの通信方式を採用しています。この4×4MIMOという通信方式を用いたコンシューマー向けの製品は今のところSpeed Wi-Fi NEXT WX01のみです。

4×4MIMOとは?

4×4MIMO(マイモ)とは送信側と受信側でそれぞれ4本ずつのアンテナを利用することで、通信の強化を図ろうとするものです。現在の主流は2×2MIMOですので単純計算で2倍の速度、安定性が期待されます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01とは?

Speed Wi-Fi NEXT WX01とはNECプラットフォーム制のモバイルWi-Fiルーターです。WiMAX2+とWiMAXハイパワーに対応しており、4×4MIMOを採用することでベストエフォートで下り最大220Mbpsでの通信が可能です。

WiMAXハイパワーとは?

WiMAXハイパワーとは弱電界(電波が弱いところ)でも通信の品質が向上する技術です。WX01ではLTEのネットワークに対応していないため、WiMAX2+の電波状況がいまいちの場合はWiMAXのネットワークを使うことになります。その機能を補うものであると考えていただければ良いでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の使用感

新技術である4×4MIMOを採用したルーターに興味がありましたので試してみました。最初の印象は本体がとても軽い!ということです。公式では約97gなんですね。

気になるデータ通信の速度

入手後早速、データ通信の速度を測ってみました。朝8時の段階で、東京駅での計測値です。下り最大で58.7Mbpsを計測しました。さすがに速いですね。1Gbpsの光回線には勝てないですが、100Mbps程度の固定回線であれば計測値でも勝つことができるでしょう。

電池の持ちは思っているよりも良い

WiMAX2+での連続通信時間は公式では約400分となっていますが、実際には待機時間やウェイティング時間がありますのでもっと長いと実感することでできるでしょう。たとえば、休止状態にしておき必要な時のみ起動するような形にすれば2日程度であれば充電は不要だと思います。

格安SIMのデータ通信速度は差が激しい!5社を比較してみた。

音声通話対応のSIMカードの登場により、話題になっている格安SIMカードですが月額料金もさることながらデータ通信の速度にも差があるようです。今回、5社のSIMカードにてスピードテストを行ってみました。

対象としたSIMカードとMVNO

今回の対象としたSIMカードは次の通りです。計測の時間は朝9時としました。また、SIMカードの所有者が異なることからSIMカードを差している端末は全て別です。よって端末のスペックによる影響もある程度含まれていると考えられます。

  • Nifmo
  • DMM mobile
  • U-mobile
  • BIGLOBE LTE
  • OCN mobile ONE

事前に結果を予想してみる

Nifmoが速いというのはインターネット上で評判になっていましたので結果を期待できます。またバースト機能が付いているDMM mobileにも期待できるのではないかと考えました。一方で、定額無制限のU-mobileにはあまり期待できないかもしれません。

スピードテストの結果

実測値は次のような結果になりました。同一のアプリで計測し、サーバーは同じ場所を選択、またデータ容量のオーバーによる速度制限はかかっていない状態です。

  • Nifmo  (23.73Mbps)
  • DMM mobile  (19.53Mbps)
  • U-mobile  (5.67Mbps)
  • BIGLOBE LTE  (3.38Mbps)
  • OCN mobile ONE  (3.93Mbps)

やはりNifmoとDmm mobileは強かった

結果をみて一目瞭然ですが、やはりNifmoとDmm mobileは強いですね!事前予想通りの結果です。もちろん夜20時以降の混雑する時間帯であれば結果は変わってくると思いますが、格安SIMでこれくらいの速度が出ているのであれば十分ではないでしょうか。一方で、この時間帯のBIGLOBEとOCN mobile ONEは5Mbpsを切ってしまっています。

 最後に

今回は、NifmoとDmm mobileが他社と圧倒する形になりました。ただ、計測する時間帯によっても結果は変わってくることを考慮した方が良いでしょう。同じ条件で計測したWiMAX2+やPremium 4Gの実測値が50Mbps前後でしたので、さすがに4Gには勝てませんが、それでも十分な結果だと思います。今後は格安モバイルデータ通信と高速モバイルデータ通信の住み分けが進んでいくのかもしれませんね!

データ通信専用の格安SIMカードの利用を検討してみる

2015年5月にSIMロック解除の義務化がされたことで、賑わっていた格安SIMカードのネタも一通り落ち着いた感があります。今の段階ではどちらかと言えばITに強い人が積極的に格安SIMカードを利用している雰囲気ですね。一般家庭へ浸透するのはもう少し先になるかもしれません。

本格的に音声通話対応のSIMカードを利用する前に、利用していないモバイルWi-Fiルーターがあればお試しで格安SIMカードを利用してみるのも良いと思います。格安SIMカードの縛り期間はいわゆるキャリアよりもずっと短いのです。

格安SIMカードの縛り期間

格安SIMカードの縛り期間は事業者(MVNO)によって様々です。また、音声通話対応のSIMカードとデータ通信専用のSIMカードでも縛り期間に差があります。音声通話対応のSIMカードの方が、比較的縛り期間が長い傾向がありますね。そうはいっても縛り期間が無いものから、半年、長くても1年程度となりますので気にならない程度でしょう。たとえば、b-mobileでは縛り期間が無いプランもありますし、人気のU-mobileでも1年程度です。

格安SIMカードの違い

格安SIMカードには音声通話対応のSIMカード、データ通信専用のSIMカード、そしてSMS対応のSIMカードの3種類があります。私たちが普段スマートフォンで利用しているのは音声通話対応のSIMカードです。格安スマホに乗り換える際は音声通話対応のSIMカードが良いのですが、ここではモバイルWi-Fiルーターで使用することを前提としていますので、データ通信専用のSIMカードの利用を想定しています。SMS対応のSIMカードは電話番号が必要になるサービスが利用できるようになります。他には、認証などでもSMSを利用したサービスがありますよね!

モバイルWi-Fiルーターで格安SIMカードを使用するときの注意点

利用していないモバイルWi-Fiルーターで格安SIMカードを利用する際は、もともとはどこのネットワークを利用していたか?が重要です。現在、格安SIMカードが利用しているネットワークはdocomoとauの2種類のみ。softbankやワイモバイルのモバイルルーターに対応した格安SIMカードはありません。もっとも普及しているのはdocomoの格安SIMカードですので、docomoのルーターをお使いの方はすんなりと格安SIMカードを利用することができるでしょう。

また、ルーター本体の性能にも影響を受けます。つまり、データ転送の速度が150Mbpsに対応していない場合は、75Mbpsまでしか速度はでません。ただ、これはベストエフォートでの数値ですのでそこまで気にする必要はないでしょう。実測値として、格安SIMカードでは15Mbpsもでれば満足できる値です。

卓上ルーターに弾かれてWiMAXを購入

当初、自宅に固定回線を引くためにプロバイダーを検討しておりました。インターネットでプロバイダーの良し悪しを見ていた際に、WiMAXにもの卓上ルーターがあることを知り興味を持ったのがきっかけです。考えてみればスマートフォンにも卓上ルーターがあるように、モバイルルーターにあってもおかしくないですよね(笑)

私が感じたWiMAXの魅力

今でこそ、容量制限があるようですが、もともとWIMAXは通信容量制限がなく、スピードもそこそこであると評判が良かったのです。この点が一番の動機になったと思います。また他の通信会社よりも縛りが緩かったのも良いところでした。それまではプロバイダーと言うと2年単位での契約しかできなかったのですが1年単位の契約、1年の契約での解約が可能なプランあり「それくらいならば・・・」と始めるのに敷居が低かったのです。

卓上に設置して複数機器をつないでもOK

卓上に設置する最大のメリットとしては、複数の機器を登録し利用できる点にあるかと思います。もちろん卓上に設置しなくても使えるのですが、複数の機器で利用すると電池の消耗が激しいんですよね。これはルーターの機種にもよると思いますが、優先、普通などの機器設定をすることで接続の対象を変える事ができます。

動画をみてもストレスを感じることがなかった

現在はWIMAX2+の登場により、WIMAXの通信速度は遅くなってしまいましたが、WiMAXで動画を観ていてもそこまでストレスを感じることはありませんでした。止まることもありません。huluを契約しておりますが、電波が良好なとこはもちろん、微弱なところでも再生可能です。今はWiMAX2+のモバイルWi-Fiルーターに切り替えましたが、3GBを超えてもそこまで遅いと感じることはありません。7月になってからはほぼWiMAXと同じ使い心地で使えています。

やはり月間のデータ量が多いのは嬉しい

他の通信会社にくらべて通信の容量制限がないところは大きなアドバンテージでしょう。3日間でも月間でもこれだけ使えてこの価格なのではWiMAXだけだと思います。またプロバイダーが色々とキャンペーンを打ち出しているのでそちらを利用することで機器を安く変えるなどのメリットがあります。